25年分のラブレター

ASKAさんへの想いや思い出を綴るブログ

SCENE III

f:id:romi822:20170119192716j:image 

2005.11.23 リリース

このアルバムは、実はこれまでそんなに聴いてこなかった。

何となく、手が伸びなくて、仕舞ったまま時が過ぎていた。My Game is ASKAは何度も何度も観ていたのだけれど。

でも発売された時は、はりきって3枚購入した。
山野楽器で、CDを買うとオリジナルのASKAさんメモ帳と、ASKAさんグッズに応募出来る抽選ハガキがもらえるから、それが欲しくて3枚買ったんだった。

ハガキに、「どうしてもASKAさんグッズが欲しくて3枚買いました!」って書いてたな。

今思うと、なんてお金の使い方を知らなかったんだ、私…。

でもそれでASKAさんの写真入りフォトフレームが当たって家に送られて来た時は、飛び上がって喜んだな。きゃーーーわぁーーーーいかっこいーーー♡って。

それから11年、私は一体何回このアルバムを聴くことがあっただろう。

去年の年末、good timeが聴きたくなって、YouTubeで何度も聴いた。

そのうちに、CDでも聴いてみようと思って久々に取り出してみた。

アルバムを通して聴いて、散文詩と歌詞を読んで、はっとした。

この作品のテーマが、"loop"であること、一曲一曲にそのコンセプトが込められていることに、その時初めて気が付いた。

birthに始まり、背中で聞こえるユーモレスクに向かい、そしてloopの曲がここにあることの意味に、11年経って初めて気が付いた。

聴いていたようで、通り過ぎてたんだ。

会報を見返してみたら、「曲をつないだときに、きれいな円になっているような」アルバムを意識している、というコメントがあった。

ここでも、通り過ぎていたんだな、私。

でも、やっと気が付けて、良かった。
そしてそれは、時間だけが理由ではなくて、色々なことが絡み合って、影響しあっての結果。

人は、生きている間にも、輪廻を繰り返しているんだなと感じさせてくれる素晴らしい作品。

11年分、聴いてみよう。