25年分のラブレター

ASKAさんへの想いや思い出を綴るブログ

good time

 

ひらがなを漢字に変換するように、
心を言葉に変換出来たら良いのに

心の中を、言葉で正確に表現するのはとてもむつかしい

音楽を創り出すことなど到底出来そうにない私は、いつも思う

音楽と言葉では、どちらが心を上手く表現出来るのだろう

でも、切ない夕陽は、このメロディだからこそより切なく感じられるし、

このリズムに心地良く揺られていると、抱き合う二人の鼓動が聞こえてくる気がする

ASKAさんの歌声と楽器が奏でる美しいハーモニーが、恋人達が味わう今この瞬間と、遠くに想いを馳せる時の壮大さを感じさせてくれる

言葉と、メロディーと、楽器と、リズムと、歌声

全てが調和して、心を揺さぶる

そんな調和を、創り出している

8分音符の波に揺られながら、
私も次を思い出してみたくなった

贅沢なひと時に、ありがとう