25年分のラブレター

ASKAさんへの想いや思い出を綴るブログ

ネクタイ

ASKAさんのネクタイ姿がかっこいい

ナロータイを着けるとまた素敵

SCRAMBLE発売ではそこかしこでASKAさんの姿が見られて嬉しかったなぁ。

何かの媒体で見たASKAさんのナロータイ姿がとても素敵で、そのネクタイのお店が職場のすぐ近くだったので、ある日のお昼休みに行ってみることにした。

あのネクタイを夫が着けたら少しASKAさんに見えるかしらなんて妄想を膨らませて。

お店に入り、ネクタイ売り場を見ていたら、男性店員がすーっうと近づいて来て言った。

「何かお探しですか?」

え、なんて言おう?これはちょっと特殊なシチュエーション。でも適当なことが言えなくって、

「えっと雑誌で見たネクタイを探していまして…」

ととりあえず言ったら、何の雑誌ですかと聞くので返答に困り、

「えっ…雑誌というか…歌手の方が着けていたネクタイがあって…」

と言ってしまった。すると店員さん、どなたですかとさらに聞いてくる。

「あのー、ASKAさん…」

すごい小さい声で言ったと思う…。

そうしたら

「あぁ、ASKAさんですね。」

探り探りだった店員さんのトーンが急に変わった。それなら知ってますよという顔をした。

そして、「少々お待ちください。」

と言ってお店の奥に行ってしまった。

なに、この展開?私は一人売り場ですごいドキドキ、一体何が出てくるのかしら、あ、ネクタイかしら、それとも?とずっとソワソワしていた。

しばらくして戻ってきた店員さんは、予想に反して、台帳のようなものを手にしていた。

ASKAさんのスタイリストの方が良くお店に来るんですよ。先週も来たばかりです。」

と言って台帳をめくりはじめた。

スタイリストってあの方ですか?と聞いたらそうですと。ここで衣装を揃えていたんだ、きゃー、わー、すごーい!とテンションが上がった。

そしてそのネクタイは残念ながら完売してしまっていたことを教えてくれた。

「また来てくださいね。」

と店員さんが言ってくれた。

いつもの昼休みが、こんなスリリングな体験になるなんてと、それだけでお腹いっぱい幸せ気分でお店を後にした。

ASKAさんの素敵なネクタイ姿、また見られるかしら。楽しみにしてよう。