読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25年分のラブレター

ASKAさんへの想いや思い出を綴るブログ

結婚式

私は、披露宴会場のドアの外で、ドアが開くその時を待っていた。

会場のスクリーンに映し出されているのは、「約1回目のプロポーズ」。

お笑いの、ではなくて、式場のお庭を借りて撮って頂いた、私達のオープニングフィルム。


会場の中から、皆の笑い声が聞こえてくる。

私達はどきどきしながら、皆の反応に耳を澄ませていた。

 

すると、ドアを開けてくれることになっている男性スタッフの方が話し出した。

「もう何年か前ですけどね、この式場にCHAGE&ASKAがいらして歌われたんですよ。この会場ではないですけれど。レコード会社の人の結婚式だったかな。お忙しかったようで、SAY YES 1曲だけ歌って帰られました。」

 

えっえっ、そうなんですかー!
もうすぐ開くドアの前で、私、大興奮。

ここに二人が来たんだ。そしてSAY YESを歌ったんだ。
今ここでそんなお話を聞けるなんて、なんてエキサイティングな結婚式なの。


オープニングフィルムが終わり、SAY YESのイントロと共に、ドアが開く。

こうして、私達の結婚式は、SAY YESと共に幕を開けた。

もうすぐ、10回目の記念日。


終わってみると、こんな大根役者の演技をよく皆の前で披露したものだと見返せずにいたけれど、この間、娘が見たいというので何年振りかに観てみたら、ちょっと感動してしまった。


やっぱり、曲が素晴らしいんだなぁ。


SAY YES。本物の音楽を作る人との出会い。

私にとって、大切な思い出の一曲。